引越しはいつが狙い目?

引越しはいつが狙い目?

引越し業界は基本的に人員不足の為、繁忙期前は特に多くアルバイトを雇う傾向があります。
この業界は離職率も高いので、実際にはベテラン社員の指示の元にアルバイトを動かす事がかなり多いようです。
つまり繁忙期の作業スタッフは、引越しのいろはも分かっていない状態のアルバイトである可能性が高いのです。
厳格にマニュアルを作り、新人教育を怠らない素晴らしい企業も存在します。
しかし人数の多さでカバーするだけで、現場作業のスタッフの引越しテクニックがほとんどない・・・なんて企業も残念ながら存在します。
それに、どんなに良いスタッフでも人間です。
忙しい時期が続く中での作業は、ちょっとおざなりになってしまったりする、なんて事も無きにしも非ず。
そういった意味でも『繁忙期』より『閑散期』を狙った方が、実はメリットになるかもしれませんね。